dora麻雀の出金方法

DORA麻雀では出金が一番難しいといわれています。
その理由は出金するためにはnetterと呼ばれるネットバンクに
登録しなくてはいけないのですがその登録がめんどくさいのです。

しかし、あきらめないでください。
しっかりとその面倒な手順を解説してくれている
優しいサイトがあるのです。

それがこちらのサイトです。
>>DORA麻雀登録ナビ
ネッテラーを使わない方法も解説してくれていますので
まずはこちらを参考にしましょう!!

DORA麻雀を始める前に、麻雀のマナーを心得ておきましょう。
きっと必要になってくるはずですのでしっかりと熟読しておきましょうね!!

麻雀には、和ったときの点棒の受け渡しにおいてマナーというものがあります。
それは、少しでも点棒の受け渡しが短時間で済み、なおかつ面倒くさくならないようにするということです。

たとえば、誰かがロンで3900点の手を和ったとします。
そしたら、放銃してしまった人はその点棒を渡さなければいけないわけですが、
そこできっちり3900点払うことは感心できません。
それでは、相手の点棒が無駄にあふれ返ってしまうからです。

では、1番良い点棒の受け渡しは何なのかと言えば、
それは5千点棒で払うことです。5千点棒で払えば、
お釣りは1100点になり、それが最もスムーズな受け渡しです。

もしも、5千点棒がなければ1万点棒でも良しとします。

では、千点棒を4本の4千点ではどうでしょうか?
これは、お釣りが100点だけですから一見理想的な払い方に思えますが、
千点棒のバランスが崩れてしまうため、決してオススメできる払い方ではありません。

千点棒というのはリーチをかけるときに必要ですから、
そのときに「両替をお願いします」とならないようにするため、
あまり自分の千点棒を減らしすぎるのは好ましくないのです。

このように、麻雀における点棒の受け渡しには、
なるべく守らなければいけないマナーがあるのです。

Comments are closed.